FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もくじ

ここは動物変身小説ブログの獣八禁ver.です。人が動物に変身する+エロが苦手な方はご退去下さい。

本編の過激なエロ表現はアダルトカテゴリーのあるこちらに掲載することにします。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

生死聖外17

「はぁ……はぁ……結構……出てきまし……たね……」
 カリンは四つん這いになっていきんでいる。
「そうだね。もう少しでその犬と分離できる。がんばるんだ、カリンちゃん!」
「はぁはぁはぁ……んぎいいいぃぃぃぃ」
 カリンは今、融合してしまった♂犬との分離を試みていた。
 カリンに犬を放出する強いイメージをしてもらい、体に力を入れてもらう。
 そこに、特殊な電気を流し、細胞と細胞の癒着を緩和させるのだ。
 今、カリンは全身に電極が付けられ、お腹側から犬の顔が見え始めていた。
 不思議なことに、出てきた犬は犬で呼吸している。
 完全にカリンに吸収されたわけではなく、やはり〝混ざり合って〟いたというのが正しい。
「これは驚いたよ。どうも、カリンちゃんが♂犬と融合してしまった原因は、カリンちゃんの第三遺伝子が

変質しているようだ」
「はぁはぁ……え……?」
「君達の体にある第三遺伝子は、言わば、通常の地球上の生命とは異なる構造で成り立っている。君らの祖

先は何らかの出来事で、シャドーバイオスフィアの異質生命体を取り込んだんだ、ミトコンドリアや葉緑体

のようにね。しかし、これまではジャンクとして活用されずに眠っていたものと思われるが、動物変身薬で

全身の細胞を別のものに変わる体験をした時、目覚めてしまった。そして、カリンちゃんには融合する能力

が備わってしまったのだろう。しかし、コノハちゃんに見られるように、本来休眠したまま次世代に引き継

がれる第三遺伝子を活発化させてしまうと、癌化してしまう。癌とは細胞分裂の暴走だ」
 店長が何やら難しい話を始めた。
 カリンははぁはぁと息を切らしながら、耳を傾ける。
「あくまで推測だけど、カリンちゃん・テンリちゃんはコノハちゃんの癌が暴走した時、太歳と融合して、

太歳に癌細胞を移した。第三遺伝子を持つ三人が融合した状態で癌細胞に触れてしまったことにより、これ

まで起こらなかった第三遺伝子の〝組み換え〟が起きてしまった可能性がある」
「はぁ……はぁ……組み換え……」
「要するに、三人の持つそれぞれの第三遺伝子の一部が入れ替わってしまったんだ。そうなると、コノハち

ゃんのコピー能力、テンリちゃんの人を変える能力、そして、カリンちゃんの融合する能力それぞれが変化

してしまったことが考えられる。現にカリンちゃんは、雌の生物としか融合できなかったのに、雄まで融合

できるようになってしまった」
「はぁ……あぎぃぃぃんん……それじゃあ……コノハやテンリも能力が変化したんですか?」
「うん。その可能性は十分にある。一応、本人たちにはそれを伝えておいたけど、具体的な症状が一度発現

しない限りは、こちらもどうなったのかはわからないけどね。でもまあ、それは二人にとっても未知だから

、発現しない方がいいと思う」
「んああああああっ……あ、前足、出てきた」
 カリンのお腹から徐々に融合した犬の体が現れる。
 かなりホラーな状況であるが、店長は慣れているのか、顔色一つ変えずに話を続けた。
「まあ、僕個人としては非常に興味があるところではあるけどね。得に、カリンちゃんのオスの融合化は、

これまで謎だった、♂⇔♀の変化ができない理由を解く鍵になる。でも今はまず、犬と分離することが優先だね。カリンちゃんも、コノハちゃんらと会いたいだろうし」
「せや、コノハに会いたいわ……」
「しかし、まさか、融合した状態で射精ができるとは驚いたよ。ははは」
「わ、笑わんといてください。何か気持ち良くなっちゃったから……///// 男の人の感じがわかりました」
「ははは。それは貴重な体験ができたね」
 カリンのお腹から犬の後ろ足も出てきた。
 最初はテンパったが、要はこれまで融合してきた感じと要領は同じだ。
 ただ、オスは初めてなので、体がビックリしている感もあり、分離も遅い。
 しかし、もうだいたいコツは掴めた。
 今は特殊な電気で分離しやすいように促されているが、いずれは、カリンの意思で融合をコントロールできるようになるだろう……

ケモッ娘変身譚その10-7

「ありぃー? コノハ達もう来たのー? ん~夕方じゃなかったっけ?」
 シカに獣化しかけている女の子の鼻先ををペロペロ舐めていたフェネックになっているめえが最初に口を開いた。驚いた割にはのんびりとした反応。
「ふえぇ? 何なの? あ、あうぅ……だめっ……変身しちゃう……」
 一方、めえを両手で持っている女の子はイキナリ扉が開いたことに驚くも、苦悶の表情を浮かべ始めた。メキメキと髪の毛から角が生えてきている。
「え、えっと、その、めえを驚かそうと思ってぇ……あはは」
 コノハが苦笑いしながら答える。めえの後ろで苦悶の表情を浮かべてシカに獣化していく女の子が気になって仕方がない。


「ごくっ……」
 カリンが一際大きく唾を呑んだ。
 嫌な予感がしてコノハがカリンの方を見ると……カリンは滑らかな手の動きでデジカメを装備した。目が眩しいくらいに光り輝いている。
「カリン! 勝手に人の変身しているとこ撮りなや!!」
 コノハが慌てて大声で言った。
 しかし、カリンはもう自分の世界に旅立っていて聞こえない。
「はぁ……はぁ……」
 カリンの変態性を改めて認識する。
「何がどうなっているんや?」
 テンリはこの状況についてこれていない様子だった。


「はうぅぅ……らめぇ……めえちゃん、手が蹄に変わっちゃう……抱き上げてられないから、床に下ろすよ……ハァハァ……」
「ナナミちゃん! ダメダメ、変身のコントロール! めえを抱いてて!」
「ふぇ!? そんな、む、無理だよぉ」
 ナナミちゃんと呼ばれた女の子はめえに強く言われて、めえを降ろそうとした手がそのまま止まってしまった。しかし、爪が茶色く大きくなってきている。


「はぁ……はぁ……」
 カリンは写真を撮る。ムービーがいいか迷ったが、まずは写真がいいと判断した。
「ちょっとヤメぇ!」
 コノハがカリンにやめさせようと思い、デジカメを取り上げようとした。しかし……
「え?」
 カリンは鮮やかにコノハから逃げる。
「カリン!」
 ひらり。カリンはまたもや避ける。
「こんのぉ~~、カ・リ・ン!」
 コノハが大声で怒鳴ってもカリンには聞こえていない。コノハは何度もカリンに近付くが、巧妙なほどいいタイミングで避けるのでカリン自体に触れられない。
 それを見ていたテンリは、何かのアニメでも見ているようだった。


「あうぅっ、しっぽ生えたよぉ」
「ナナミちゃん、我慢我慢! 集中するの!!」
 めえはそう言って、ナナミの顔をペロペロ舐める。
「はぁ……はぁあん……あふぅ……さっきは変身していいって」
「変身のきっかけつくんなきゃコントロールもできないでしょー! あ、めえが落ちる落ちる! 手を蹄から戻して!」
「いやぁっ、はぁっ、我慢……うぅぅ」
 ナナミの手が蹄化していく。めえを両手で掴めなくなっていく。
 めえ達はそう思わなくても、コノハ達から見れば、めえ達はとてもエロチックに見えた。
 カリンはその光景に引き込まれ、頭の中で俺得な妄想を爆発させている。カリンフィルターにはめえとナナミ以外映っていない。
「あ、うううううん! いけそう! 蹄から戻せそう!」
「がんばれ、がんばれ!」
 めえがナナミにエールを送る。少しずつ、ナナミの蹄化した手がヒトの形に戻っていく。指は完全に五本に分かれた。
「あ」
 しかし、手に意識を集中し過ぎたのか、胸元、首筋、背中、ふとももの周りが一気に獣化し、もさっと獣毛が生えてしまった。
「うわぁっ!」
 めえも目の前が一気に膨らんだので驚いたようだ。服を着ているので、一気に巨乳になったように見える。


「わほぉっ! ムービー、ムービー」
 カリンの撮影は止まらない。一つ、幸運なことがあるとすれば、それはナナミが自分のことで精一杯で、カリンが撮影していることに気付いていないことだ。


「あはぁ……うぐぅ……」
 ナナミの鼻先が少し突き出る。
「ナナミちゃん、マズルは……そのままでいいか」
 めえは思い直したように言って、少し突き出たナナミのマズルをペロペロ舐める。
「ふぇぇ、マズルはいいのぉ?」
「ケモノ顔の方がかわいいもん」
「どうしよう……いろいろ中途半端な姿になっちゃったよぉ」
 ナナミの体は服に覆われていて露出している部分だけでも、ヒトとも動物とも獣人とも似つかぬ姿になっている。手足はヒト、鼻先は少し突き出ている、角も生え、しかし、髪の毛は顕在、胸元、首筋、背中、ふとももの周りに獣毛が生え、しっぽもできている。
「いいのいいの。まずはその中途半端な姿を維持することからコントロールはうまくなるの!」
 めえがニコリと笑う。
「ちょっと恥ずかしいよぉ」
 ヒトとシカが中途半端に混じり合った……キメラのような姿。しかし、ナナミはなんとか今の姿で維持できそうな気がした。
「はふぅー、んー、あー、何とかこのままでキープできそう」
「おぉ! ホント! やったね、ナナミちゃん!」
 めえが耳をピクピク動かしてしっぽをもっっっさぁぁぁと膨らませて喜びの感情を示す。
「いやぁ、そんな舐めないで! くすぐったいよ、めえちゃん!」


 めえとナナミが和気あいあいとしている一方、コノハはカリンに撮影を止めさせようと必死になり、カリンはそれを避け、テンリはそのカオスな状況をやや離れた場所から見ていることとなった。

ケモッ娘変身譚その9-30

「それで、彼氏と別れた後、元彼から遊ぼうって連絡があって……」
「! う、うん……」
「流れでラブホ行ったら……」
 悪夢再びと言う訳か。
「今度はウサギになった後、どれくらいで元に戻るのか見ていたら、一時間後に戻ったわ。で、その彼氏は結構気が長いからもう一度エッチやり直そうって話になって、元に戻ってから本番をしていたら……ヤッてるうちにドンドン小さくなっていって……危うく、騎乗位で殺しかけたわ」
「そ、それは……」
 世にも想像しただけで世にも恐ろしい出来事だ。エッチ途中に相手を獣化させてそのまま押しつぶしそうになるとか……

♂♀性外11

「!?」
「あ、コノハ! 何だ、先に部室行ってたんや。どこに行ったんかと」
 カリンを引き連れて部室から出た瞬間、テンリと会った。しかし、テンリは腕にアヒルを抱えている。
「あ、うん、そう……えーっと、それは?」
「可愛いでしょ。ガー子」


 アヒルのガー子。大学内の池に住み、時々餌をねだりに校内を歩き回る人懐っこいアヒル。ガー子と呼ばれているが、オスかメスかは不明。


「いや、たまたま近くに寄って来たもんだから、持っていたパンを少しあげてね、捕まえられるかなとか思ってみたら、捕獲できちゃってん♪」
 運動が得意ではないテンリがまさかアヒルを捕まえるとは……アヒルがマヌケなのか、テンリの素早さが上ったのか……


「コノハも抱いてみる? 意外に重い。臭いけど」
 そう言って、拒否する間もなくテンリにアヒルを渡される。
「た、確かに……」
 確かにちょっと重かった。そして鳥臭い。ガー子は何故か大人しかった。
「それで、これ、どうしたらいいん?」
「ん? 満足したら放してあげて」
「よっ、バイバーイ!」
 ガー子は地面に着くや否や高速で走って逃げて行った。やっぱり嫌がっていたようだ。
「コノハ~、うちを忘れてへんか~?」
 テンリとアヒルの思わぬ遭遇に頭を持っていかれていたが、本来の目的を思い出した。


「コノハは何してるん?」
「えっと、ちょっと、カリンがね……」
 言うべきか言わざるべきか少し迷ったが、テンリならいいかと思って言うことにした。
「ちょっときてきて」
「ん?」
「あ、やぁ……やーん/////」
 カリンがキモい声を出す。テンリが驚いた顔でコノハを見る。しかし、コノハがカリンのズボンを引っ張って見せたナニをテンリが見て戦慄した顔になった。
「ナニコレ?」
「……男の人のアレ……みたい……しかも、動物の」
「はぁ?」
 テンリが意味がわからないというような顔をしてもう一度カリンのブツを見る。
「ちんこ?」
「シー! そうやけど、シー!」
 コノハは慌ててテンリに言った。


「カリンは何をやらかしたんや?」
「私にもわからへん。カリンも何でこんなんなったんかわかってへんみたいやから、ビーストトランス連れて行こうかと思って」
「なるほどね……」
 テンリは少し考えたような仕種をした後、こう言った。
「わたしも一緒に行く」
「そ、そう? それはありがたいけど」
「何か面白そうやし」
 やっぱりそう言うことだった。しかし、テンリが付いて来てくれるのはいろいろ有り難い。万が一にでもカリンに襲われたら体格的にコノハ一人では敵わない。
「なぁ、そろそろ手錠外してくれてもー」
「あかん!」
 カリンの要望を却下して、コノハとテンリは大学を出た。
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

henka2009

Author:henka2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。