FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケモッ娘変身譚その9-62

 各自で試行錯誤して、ケモノ姿でキスをし合う。雰囲気が出ているところもあれば、もじもじしているだけのところもあり、いがみ合っているところもあれば、くすぐったさを耐えているところもあり。
「キスの感覚はわかったかな? 人間の時と違って、マズルが突き出ている動物になっている場合が多い。うまく顔を傾けてキスをするんだ。それじゃあ、女性陣を床に寝かせて、そのまま体を優しく舐めて」
 研修の対象が顔から体に移った。女性陣は店長の指示に従い、慣れない体で横になる。
「きゃぁっ!」
 その時、後ろをよく見ていなかったレイラは簡易プールの方に倒れた。
「イテテテ……もぉー! さっきからこんなのばっか! あたし、何か悪いことしたー……!?」
 レイラは思いっきり文句を言った後、自分の体にまとわりつく液体を見てただの水じゃないことを悟った。
「ちょっと、店長! これ、ローションじゃん!」
「ああ、そうだ。その方がプレイしやすいだろ?」
「いや……しやすいって言うかぁー……あーん、もうネバネバぁー」
 ローションプールに倒れたレイラはアシカの色も合わさってより官能的に黒光りしている。キョウはそんなレイラを見て、ゴクリと唾を呑んだ。
「それじゃあ、時間が押しているから、始めてくれ!」
 店長が時計を見ながら言った。あとどれくらい変身していられるのだろうか?
「それじゃあ、失礼しますよ」
 黒ヒツジのエツジがニコッと微笑み、チロッと舌を出して、仰向けになっているコノハの胸のあたりを舐め始めた。
「あぅ」
 エツジは変身をうまくコントロールし、蹄と手の中間的な前足でコノハをしっかり掴み、ポイントを突いてくる。
「パンダッ娘は僕としても触っていてふわふわして気持ちいいんだ」
「そ、そうなんですか?」
 パンダのハーフトランスは初めて。自分でも体がどう動くのかをちゃんと確認していないが、確かに、もふもふしているのはわかる。
「こことかどうだい?」
 エツジは蹄を変形させながら、コノハの乳首をいじってくる。エツジの蹄はひんやりとして固い。
「ちょっとこしょばいですぅ……はぁぁぅっ!?」
 コノハは話している最中、エツジはすかさず、コノハの乳首にかぶりついた。
「んっ、んっ」
 ペロペロと舌で乳首を転がす。コノハの顔の方を見ながら舐めるので、変に意識してしまって恥ずかしい。舐めていない方の乳首は、白いもふっとした腕の毛で擦ってられている。コノハは目を瞑った。

 その頃、カリンも周りの流れに乗って、仰向けに寝転んでみたものの、やはりもじもじしている。
 ユウもどうしたらいいものか迷っている様子だった。結局、さっきはお互いにもじもじしていたので、キスできなかった。しかし、ここは男としてやるべき時にはやれねばならない! ユウは何故か急に強気になってきた。
「あ、あのぅ……舐めます!」
「へ?」
 ユウはカリンにそう宣言すると、カリンを跨いで上に乗りかかった!!
「へ? へ? へ?」
 カリンはユウの突然の豹変ぶりにかなり動揺している。ものすごく顔が赤面している……ように見える。
 ユウはドキドキしながら、カリンの乳首を触った。
「ひゃぁっ!」
 カリンの大きな声にビクッとする。
「ご、ごめん」
「え、いや、そのぅ……」
 ユウがしょんぼりした顔になったので、カリンも何だか申し訳ない顔になった。少し進展はあったものの、二匹は他のペアよりたどたどしく研修を実施している。

「あはっ、こ、これはまたくすぐったあははっ」
 ペロペロと体をアリクイのリーに舐めまわされるテンリ。変幻自在に動くアリクイの舌が非常にこそばゆい。実際にアリが食べられるときはこんな感じなのだろうかと想像してみたり。しかし、爪はぐっとされると少し痛い。
「あんっ!?」
 テンリは急に大きく体を仰け反らした。
「え? ちょっと、もう? あ、あ、あふぃ」
 ビクッビクッと小刻みに体を震わす。体がより熱くなってくる。
 リーは勢いに任せてテンリの秘所を舐め始めた。チロチロと高速で動く舌が、これまで感じたことの無い感覚で体が震えてしまう。

「はぁ……はぁ……たまんねぇ」
「え? ちょっと、どうしたの……って!?」
 黒光りする艶めかしいレイラを見て、キョウの興奮は急上昇。理性と本能が天秤にかけられ、生物の本能がやや理性を上回った。その瞬間、キョウはレイラを再びプールの中に押し倒し、体中を舐めまわし始めた。
「いやぁ……あああんっ、ちょっと、お兄さあああああんっ」
 つるつる光るレイラの体。勃起した乳首を愛撫する。力強いキョウに押さえ付けられ、レイラはなされるがまま。
「いやあんっ……はぁ……はぁ……ひぃ……やんっ!」
 キョウは力強い吸引力で乳首からお腹を吸い回し、そのまま下へ下へと降りていく。ローションが体に絡み、キョウは巧みに滑って行く。
 キョウのもふっとした体の毛がしゅんと元気を無くしていくが、筋肉隆々の体が露わになってくる。この強引さとその立派な体付きを見ていると、何だか、レイラも少し興奮してきた。

「ちゅぱ、んくぅ……ん?」
「あぅぁう」
 コノハの乳首を舐めていたエツジは何か違和感を覚えた。乳首を吸うのを止め、上体を起こす。
「はぁ……はぁ……」
 コノハは受け身のまま火照った体で息をする。
「うーん……なんか、すごいおっぱいが張っているような……」
 エツジはコノハの乳首を見て呟いた。
「まさかとは思うけど……」
 エツジは蹄をヒト化させ、コノハの乳首の周囲をぎゅっと圧迫してみた。
「はぅぅぅぅっ!?」
 感じるコノハに呼応するように、ぴゅっと弾ける白い軌跡。
「コノハちゃん……お乳出るの……?」
 エツジは驚いた。
「はぁ……はぁ……えっ……?」
 エツジの言葉にはコノハも驚いた。
「ちょっと中断しよう。腰を起して」
 エツジはそう言って、コノハから離れる。コノハは息を整えて腰を起こした。
「自分で揉んでみて」
「は、はい」
 コノハは自分で乳首の周りを圧縮してみた。すると、つーっと白い液体が乳首から零れ落ちた。母乳が出たのだ。
「……本当や……」
 最近、性行為をした覚えは無い。
「何で……あっ……!」
 しかし、他の思い当たる節があった。
「まさか、あれのせいか?」
 コノハは以前、鷲田牧場でウシに変身した時、従業員に何度もおっぱいを絞られ、母乳が出たことがあった。
「……妊娠してる……の?」
 エツジが少し困惑した顔で聞いてくる。しかし、その可能性は考えられない。元彼とエッチしたのはもう一年以上前だ。
「妊娠はしてません……こういう……体質なんです……たぶん……」
「そうなの? そう言えば、妊娠していなくても母乳が出る人がいるって話、聞いたことがあるような……男も出る人いるんだっけ?」
「いや、そこまでは知りませんけど……」
「とりあえず妊娠していないのなら、安心したよ。どうしよう、続ける?」
 このままここで辞めるのも何だか申し訳ない気がしたコノハはコクンと頷いた。再び仰向けになり、エツジにリードしてもらう。
「それじゃあ、遠慮無く、お乳頂こうかな」
「あふぅ……」
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

ケモッ娘変身譚その9-61

 各自で四苦八苦しながら全員、服を脱ぎ終えた。
「少し時間かかったが……まぁ、これで研修を始められる体制が整ったな」
 店長は全員を見まわして言った。
 女性陣はレイラを除いて、体全体が獣毛に覆われているので、ヒトの♀特有の体のラインは凸凹あるものの、あまり裸であるようには見えない。しかし、レイラは獣毛の短いアシカに変身しているので、三人より、性的部位が際立って見える。レイラは秘所の毛を剃らない派のようで、その部分がヒトの名残を残していて、剃っていないよりもかえって艶めかしい。
 男性陣は全員、獣毛に覆われて、基本もこもこしているものの、よく見ると、股間の辺りがビクビクと小刻みに動いているのがわかる。女だった、変身過程でもイクことがあるが、男はイクところまではいかないらしい。しかし、フル勃起状態がずっと続いている。
「それじゃあ、男性陣の接待の研修ということで、まずはキスから始めようか。ペア同士で、男性陣が女性陣をリードして」
 研修ってやっぱりそういうものか……コノハは変身して何を研修するのだろうと思っていたが、やはりエッチなことをするらしい。これはカリンが見ものだなと、ちょっとワルく思ってみたり。
「それじゃあ、リードするよ」
「え?」
 コノハがあれこれ考えているうちに、パンダのコノハの顔の前にヒツジのエツジが鼻先を突いてきた。もこもこ黒ヒツジ。ヒトと動物の中間の顔立ち。何だかドキッとした。
「んくっ……」
 ケモノ同士のマズルが絡み合う。鼻先をペロっとされるとくすぐったい。
「舌……出して」
「はぃ……」
 鼻先に優しくキスをしてから、エツジは顔を傾けて、本格的にキスを始める。ケモノ顔になった二人は人間の時以上にマズルが突き出ているため、口を合わすが難しい。コノハがちょろっと舌を出すと、エツジがマズル全体で覆ってくる。体が寄せ合うと、ヒツジのもこもこ感を感じる。もこもこしたものにここまで近づいたことがなかったので、不思議な感じがした。
 エツジがちょっと後退すると、お互いの口先からヨダレがつーっと垂れた。エツジがニコッと微笑む。コノハもそれに応じてはにかんだが、何だかこの人はすごいという雰囲気を感じ取っていた。

「///////」
「///////」
 カンガルーのカリンとネズミのユウのペアはお互いに恥ずかしがって俯いているだけ。
「こらっ! ユウ! ちゃんとリードしないと!」
「は、はぃ……」
 店長に怒られたユウはカリンと向かい合う。カンガルー姿の女の子。そして自分はネズミに変身している。獣化に興味があったからといっても、まさか、こんなことになるとは全く予想をしていなかった。
「あ、あの……キ、キキ、キス……」
「えっ、あ、うん……」
 ネズミ顔のユウがカリンに話しかけてくる。相手が女の子だったら、そこまでは恥ずかしくないが、オトコの娘とわかった瞬間、カリンはものすごく恥ずかしくなってきた。しかし、ユウはどうしても女の子っぽく見える。
 カリンは妙に意識してもじもじしてしまう。これまで男の子とキスなんかしたことない。カリンがもじもじするのを見ると、何だかユウも恥ずかしくなってきて、つい、同じようにもじもじしてしまう。自然としっぽが股を通して内側に入れてしまう。
「うーん、まぁ、聞いた話じゃあ、初めてらしいから、ここはとりあえず様子見でいくとするか」
 店長はユウとカリンの様子を見て腕組をした。

「それじゃあ、キスするぞ」
「いいけど、何かイマイチ雰囲気が……」
「え?」
 アシカのレイラとサルのキョウが向かい合う。キョウはレイラにキスしようとしたが、レイラは微妙そうな顔をした。
「そんなことを言われてもなぁ」
 キョウはゴリゴリと頭を掻く。
「いや、いいんだけど……いや、でも何かお兄さんが相手だとイマイチ雰囲気が良くない……」
 レイラはどこか納得がいかないようだ。
「まぁ、細かいことは気にするな!」
「!?」
 キョウは強引にレイラの体を引き、キスをした。
「ん? あれ? ああ、そうか、マズルが突き出ているから普通にキスをしても口にはいかないのか」
 レイラの鼻先がキョウの口付けで湿る。
「うぅ……唾臭い……」
 レイラはヒレ化した片手で鼻先を拭く。
「すまん、すまん。今度は大丈夫だ」
「え? ちょ、ちょっと――」
 筋肉質であるキョウに引っ張られてはレイラはどうすることもできない。されるがままに二匹でキスをする。強引にキスをされて、レイラは息ができない。バンバンとヒレでキョウの背中を叩く。しかし、キョウは気付いていない模様。レイラはキョウから離れようとするが、キョウは強引に抱き合ったままで離れられない!
「んもぅー!」
 レイラはキョウのしっぽを両ヒレで思いっきり挟んだ。
「!!?」
 キョウはしっぽを立ててビックリして、レイラから離れた。
「イッテェー、な、なんだよ」
「はぁ……はぁ……それはこっちのセリフよ! そんな力入れてキスして、窒息死しちゃうじゃない」
 レイラは肩を上下させて思いっきり息を吸った。
「そうだぞ、キョウ。最初は優しく、だ。お客さんが強引なものがいいのかどうかは聞いてみないとわからない」
「はい……」
 二人はちょっと微妙な関係になった。

「いぐでぇぁー」
「う、うん……」
 アリクイのリーとチーターのテンリ。リーは少しさっきよりヒトの言葉を発音できるようになったみたいだ。しかし、アリクイとのキスってどうやればいいのかと戸惑いが生じてしまう。自分が口を開ければ確実にリーのマズルを食べてしまう図になってしまう。
「とりあえず、口先だけを合わせようか……」
 テンリがそんなことを呟いていると、リーが両腕を爪でそっと掴み、しゅるしゅると出入りする細長い舌でマズルを舐めてきた。
「ひゃぁっ!」
 これはくすぐったい。しかし、何と言う早い舌の動きのことか。リーは喜んでいる犬が舐めまわすみたいに、高速で舌を動かす。テンリは少し口を開けて舌を出した。すると、すかさずリーは舌を伸ばしてくる。大きさの違う舌が絡み合う。リーの方が舌を動かす自由度が高いため、テンリの舌の上を這うような形になる。
「あぅ」
 高速で動かされる舌にビクッと肩を震わせてしまう。これは今まで感じたことの無い感覚。くすぐったいのと気持ちいい感覚が混ざり合う。
「よしよし」
 店長はチラッと時計を見た。

ケモッ娘変身譚その9-60

 カリンが衝撃を受けているその時、チーターになったテンリとアリクイになったリーも全裸になろうとしていた。
「あがぁー、はぅー……」
 リーはヒト化してアリクイのマズルを縮めるが、なかなかうまくキープできない。
「な、なんか大変そうで……自分で脱ぎますよ」
 テンリはリーにそう言う。すると、リーはしゃべるのを諦めたのか、長い爪を器用に使って、テンリの服を脱がし始める。
「おっ、おぉ……」
 思っているいるよりもアリクイの爪の自由度は高いらしい。ヒトの指の様に動いている。しかし、テンリは自分の服が脱がされていることより、かなり気になることがある。それは……
「しゅひー、しゅひー」
 生き物のように口から出入りする細長いアリクイの舌だ。湿っていることもあり、なんだかエロく見えてしまう……
「あっ……」
 テンリがそんなことを思っているうちに、リーは器用にもテンリの羽織っていた服をすべて脱がし終えていた。
 そうなると、今度はテンリがリーの服を脱がす番。しかし……
「ぬ、脱がしますよ……」
「ふぃぎゅいー」
 こっちの意思は伝わっているようだが、向うの言うことはよくわからない。テンリはリーの上着を脱がせようと試みた。指が太くなり、肉球ができたぶん、服みたいな細かいものを引っ張るのは少し難しい。加えて、リーの場合は……
「えっとぉ……思いっきり上に向いてください……」
 鼻先が通常の動物より突き出ている分、上着が脱がせにくい。
「リー、そういう場合はすぐに、顔をヒト化させるんだ」
「ふぐぅー」
 店長がすぐに指導する。前回会った時と比べて随分スパルタになった気がする。
 と、リーはヒト化を始める。鼻先が少しずつ顔の方に縮まっていく。目の前でヒトの顔のなっていく様子を見るのは何とも奇妙な気分だ。
「あぐぅ……あ゛ー、あ゛ー」
 アリクイよりはマズルが短くなったが、ヒトよりは細長く突き出ている。色も肌色ではなく、灰色だ。
「そうそう」
 店長は満足そうに頷く。
「ふぎょぉっ!?」
「うわわっ!」
 リーのマズルがまた長くなり始めた。獣化を抑えるコントロールが安定してないらしい。テンリは伸びたり縮んだりするリーのマズルにどうしたらいいのかわからなかった。
「あぎゃー……早……く……」
「! あ、はいはい!」
 まだヒトよりマズルが突き出ているが、色も肌色になり、最も短くなったところで、リーの声が聞こえた。テンリは急いで、リーの上着を脱がせた。
「ふぅー、大変やなぁ、アリクイは」
 上着を脱がせ終えると、リーのマズルがアリクイの形へと伸びていく。わざとやっているのか自然にそうなるのかはわからないが、チラつく湿った舌がやはり気になる。
「それじゃ、下も行きますよ」
「ああ……」
「!」
 うまくしゃべれるようになったのか、テンリの声にリーが返したような気がした。
「うおぉ……下は下でしっぽがすごいボリューム……」
 テンリがパンパンに張ったリーのズボンを無理矢理降ろそうかどうしようか困っていると、しっぽのボリュームが減ってきた。リーが引っ込めようとしているようだ。
「あ、今なら脱がせられそう!」
 テンリがリーのズボンを一気に降ろす。
「あっ……」
 すると、パンツも一緒にずれてきて、目の前には男のナニが元気よく起っていた。どうやら、しっぽを引っ込める際、下半身までヒト化したらしい。
「えっとぉ……」
 見慣れているといえ、初対面のヒトのモノを見るのはやっぱり少し恥ずかしい。テンリが戸惑っていると、モサモサと下半身が獣毛で覆われていった。獣化っていろいろ便利だなぁと納得した。
04 | 2010/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

henka2009

Author:henka2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。